顔の輪郭を変える整形手術のやり方

顔の輪郭は、変化するだけで体のバランスも異なって見えるような特徴があります。他の部位の美容整形をしなくても、目鼻立ちがはっきりとして見えたり、スタイルが良く見えるという変化も期待できます。顔の輪郭の美容整形手術には、仕上がりのデザインの状態や、元の骨格によって様々な方法から選択することができます。手軽に行えるものであれば、注射だけで済むものもあります。また大幅な変化を求める場合には、切開手術も必要となります。いくつかの手術を組み合わせて行うことで、理想的なデザインに変化させることもできるので、医師とよく相談して手術の方法や、仕上がりのイメージを決めていきましょう。それぞれのリスクも知っておくことで、手術後のトラブルも回避しやすいです。

顔の輪郭を変える美容整形手術の種類

顔の輪郭を変える美容整形医手術の種類にはいくつかあります。もともとの状態や変わりたいデザインによって、適している方法も変わってくるので医師との相談が必要です。費用面でも体への負担面でも軽いものとしては、脂肪溶解やヒアルロン酸の注射があります。これは、気になる箇所へ注射するだけなので、ダウンタイムも必要のない方法です。大きな変化を求めている場合や、骨格に問題がある場合には、骨を削ったり、不足している部分にプロテーゼを挿入する手術が必要となります。皮膚の切開を伴う手術なのでダウンタイムが長期間必要となります。また、骨を削ったり、プロテーゼの挿入を行った場合には、骨格が落ち着くまで安静にしている必要があるので、手術後のスケジュール調節をきちんと行いましょう。

美容整形手術を受けるデメリットとは

顔の輪郭を変える美容整形手術を受けることには、デメリットもあります。まずは、注射の場合には効果が実感しにくいというものです。注射による手術は変化の幅が小さく、また時間とともに効果が薄れてしまう傾向にあります。そのため、大幅な変化を求めている人や、効果を持続したい人にとっては物足りなく感じやすいものです。骨格の修正を行う手術の場合には、効果が薄くなることはありませんが、失敗のリスクは高まります。仕上がりのデザインが希望通りにならなかったり、左右で差が出てしまうなどが代表的な例です。他にも、噛み合わせに不具合が生じてしまったり、傷跡から感染症を発症してしまったなどのリスクもあります。デメリットもきちんと把握したうえで、手術の種類を決めていくことが大切です。