顔の輪郭を変える整形をする時の注意点

顔の輪郭が変わるだけで、顔全体のイメージが大きく変わります。特に、顔の大きさについては、ダイエットなどでは変えることが出来ない部分です。そのため、大幅なデザインの変化を望んでいる場合には、美容整形手術を行うことが最も効果的です。顔の輪郭を変える美容整形手術にはいくつかの方法があります。簡単なものであれば、注射などで皮膚の切開を必要としないので、短時間で手術が完了します。また手術後のダウンタイムもほとんど必要がないので、手軽に受けることができます。大きな変化を求める場合には、切開を伴う手術が必要となります。切開を伴う手術となると、変化を大きくすることが出来ますが、その分リスクも高くなります。手術を考える場合には、きちんとデメリットも理解しておきましょう。

顔の輪郭を変える整形手術の方法

顔の輪郭を変える美容整形手術の方法には、いくつかの方法があります。まず、手軽に行えるものが、脂肪溶解注射などの注射によるものです。顔の輪郭部分の余分な脂肪を、注射によって溶かしていくことで、すっきりとしたラインを作ることが出来ます。注射であればダウンタイムも必要なく、手軽に行うことができます。しかし、変化が分かりにくかったり、元に戻りやすいというデメリットがあります。はっきりとした変化を求める場合には、骨格の整形手術が必要となります。輪郭の美容整形では、顎や頬、エラの骨を削って調節することで、すっきりとした輪郭を作ることが出来ます。顔全体の大きさを変えることもできるので、大幅な変化を求める人には向いています。いくつかの整形手術を組み合わせて行うとより仕上がりがきれいになります。

顔の輪郭を変える整形手術のリスク

顔の輪郭を変える整形手術には、どのような方法であってもリスクはあります。手軽に行うことが出来る注射の場合には、効果が実感できなかったり、元に戻ってしまう可能性があります。骨格の形成を行うような切開手術の場合、さらにリスクは大きく、傷跡が残ってしまったり、仕上がりのデザインが希望通りにならなったというものがあります。また、医師の技術力が低い場合には、左右のバランスが悪くなってしまったり、噛み合わせに不具合が生じる可能性もあります。場合によっては修正手術が必要となるので、体の負担や費用の負担が大きくなります。輪郭の美容整形手術には、医師の技術力が必要となるので、実績や知識のある、信頼できる医師を選んで手術を行うことが大切です。医師選びは慎重に行いましょう。